トラリピ系のEAで勝つことは出来るのか?

EA

世の中にトラリピ系のEAはたくさん出回っていますよね。
そして、どこでもトラリピの話はよく出てくるかと思います。
先々月くらいからデモ口座で試していたEAはそのトラリピ系のものでした。
実際にデモ口座で使ってみた管理人の感想とお勧め度を解説します。

まずトラリピ系EAとは?

トラリピとはトラップアンドリピートの略で、自分が設定したPips数でトラップを仕掛けるというEAです。
そして、その仕掛けたトラップが自分で設定した利益幅で利確され、またトラップが仕掛けられるという、いつまでもリピートされるEAなのです。
なので、世間では放置しておけば、いつの間にか利益が出ていたという夢のようなトレード方法を言われています。

設定はハーフアンドハーフと言われる、相場を大きく二つに分けて、下ではロングのみ、上ではショートのみをとるという方法が人気のようです。
基本的に損切はしません。
損切をしないEAなので、勝率100%なのです。
ポジションを何Pipsごとに持つか、どのくらいポジションを持つか、利確は何Pipsにするかはほんと人それぞれのようで、その人が持っている証拠金に対して決定していくという感じだと思います。

はたして儲かるのか??

まずこのトラリピ系のトレードでは必ず含み損が出ます。
相場を下半分と上半分に分けたとしても、必ず逆の方向に多少のトレンドは出ます。
そうなった場合、どれだけ含み損に耐えられるかという事がキーポイントになってきます。
実際に動かしてみたデモ口座では、NZD/USDで動かしてみました。
これは証拠金が少なくてすむ通貨だからです。(というか検索したらそう言われていた笑)
初の1か月くらいは相場とばっちりはまり、すぐに利益が出たのですが、そこから相場とマッチせずにずっと含み損が続いています。
どのくらいこの含み損が続くのか??という感じです。

そのため途中で、EAをストップさせ、これ以上はポジションを持たないようにしました。それでも、ずっと含み損です。
ここ2ヶ月くらいずっと含み損です。
未だに持ったポジションが利確されません。
もしかしたら、このトラリピ系のトレードをしている人はもっと細かく利確しているのでしょうか?
管理人は10Pipsや15Pipsで利確としていました。
しかし、相場とはまったときは良いのですが、相場とマッチしなくなると一気に含み損になるので、本当に怖いなと思いました。


このトラリピ系は損切をするという発想がないので、ポジションを持ったら利確するまではいつまでも持ち続けます。
例えば、自分で損切を設定する、もしくは手動で損切するという方法をとれば含み損は少なくなりますが、それをするとトラリピの意味がなくなってしまいますよね。

これで利益をとり続けている人もいます。
実際には世の中にはこれだけで生活している人もいるようで。。。
本当に儲かっているのか・・・・と不思議に思います。
いや、儲かっているからそれでくらいしているのだろうけど。。。
儲かっている人は大きな含み損にも耐えられるくらいの資金を持っているのだと思います。

このトラリピ系は含み損を持っても、相場が戻ってきた場合に一気に利確されるか、もしくは逆行して、ロスカットにあうかの二者一択です。
正直、長い目で見ればもしかしたら儲かるかもしれませんが、どこまで含み損に耐えるべきなのか?と思ってしまいます。

トラリピ系EAをやってみるべきか?

正直、自分には向いていないなと思いますw
なぜならば含み損が毎日毎日増えていくのに耐えることが出来ないから。笑

含み損が増えていっても大丈夫、いつかは戻ってくるという屈託な精神の持ち主なら大丈夫かもしれません。
一度はデモ口座でどんなものかと1か月くらい走らせてみても良いかもしれませんね。
まずはやってみる、それで良いかを判断する。
発想としては面白いと思うんですがね。

ちなみに、知り合いの海外トレーダーにこういうのが日本ではやってるみたいだとと話したら、そんな損切しないEAなんて怖くて無理!一気にトレンドが出たらどうするのさ?!と言われました笑
なのでトラリピ系のトレード方法が流行っているのは日本だけみたいです笑

そして、EAにはブローカーとの相性があるらしく、このブローカーでは利益が出るけど、このブローカーではなかなか利益が出ないなんてこともあるみたいです。
管理人はそこまでブローカーにこだわっていませんでしたが、最近色々なところを使うようになり、初めてリクオートや約定しないという事がわかりました。
なので、EAひとつでもいろいろなブローカーで試してみるのが良いと思います。

そんなブローカーの各ボーナスはこちらからチェック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました