【米国個別株】10年リターンが659%?!水関連株は今から伸びるのか?

America-stock 株式投資

先日こんなことをつぶやいてました。

ネットフリックスでこの番組を見ていたのですが、ゆくゆくの近い将来、飲み水が枯渇して、水の価値はプルトニウム並みになるらしいです。
プルトニウム並み?!
といわれても、あまりピンときませんが、高価な物質のランキングベスト16の中の7番目に来る物質らしいです。
つまり、世界で7番目に価値がある物質の一つという事ですね。
将来、水がそのくらい価値あるものになってしまうみたいです。

でも、海の水はあるよね?と思った、そこのあなた。
私もそう思ってました。
しかし、海水を飲み水にするにはとてつもなく膨大なお金がかかるらしく、そこにお金をかけて真水にするには、枯渇しつつある水を地下からくみ上げた方がコストがかからないそうです。
ちなみに、地下から水をくみ上げることで、世界的に地盤沈下にも悩まされているそうです。

水の価値があがるということは、株価はどうなのだろうと思い、米国の水関連株を調べてみました。

水関連株、買いたくなる!くらいの右肩あがり!!

見つけたのがこの記事。

The 3 Best-Performing Water Stocks of 2019 So Far | The Motley Fool
Water utility stocks are off to a good start in 2019, with industry giant American Water Works leading the pack with a nearly 18% return.

The 3 Best-Performing Water Stocks of 2019 So Far

Water utility stocks are off to a good start in 2019, with industry giant American Water Works leading the pack with a nearly 18% return.

https://www.fool.com/investing/2019/03/23/the-3-best-performing-water-stocks-so-far-in-2019.aspx

いつものグーグル翻訳によると、

これまでの2019年の3つの最高性能の水資源
2019年には水道会社の在庫は順調に推移しており、業界大手のアメリカのWater Worksが18%近くのリターンでパックをリードしています。

https://www.fool.com/investing/2019/03/23/the-3-best-performing-water-stocks-so-far-in-2019.aspx

ということで2019年ぐんぐんと伸びているわけです。

https://www.fool.com/investing/2019/03/23/the-3-best-performing-water-stocks-so-far-in-2019.aspx

この伸びている3社を見ていきましょう。

【AWK】American Water Works(アメリカン・ウォーター・ワークス)

1つ目はAmerican Water Works(アメリカン・ウォーター・ワークス)という会社です。

ヤフーファイナンスの企業情報を見てみましょう。

アメリカン・ウォーター・ワークスは米国の水関連事業持株会社。子会社を通じ、米国47州とカナダの一部に水関連サービスを提供する。事業は2部門から構成され、飲料水の供給と排水システム、および排水施設の運用と保守サービスを提供する。同社は1886年設立、本社所在地はニュージャージー州ヴォールヒーズ。

ヤフーファイナンス

水関連事業持株会社なんですね。
チャートはこんな感じ。

ヤフーファイナンス

ずっと右肩あがりですね。
ずっと右上がりだとどこで買って良いかなと押し目を探すのが難しいですが、ちょっと買ってみたいなと思う一つの銘柄ですよね。

現在株価:$124.24
直近配当利回り:1.74%

直近配当利回りは高配当株価に比べると低いほうかもしれませんが、公共関連事業と考えるとお硬いですよね。
ちなみに10年リターンは659%!!!!

そして、ちょっとびっくりしたのが、22,456,935千ドルの会社の従業員が7100名!というところに驚きました。
普通に考えて7100名でこれだけの価値がある会社を運営できているってすごくないですか?
昔は従業員1万人という会社につとめていたので、ちょっとびっくりしました笑

【CWT】California Water Service Group(カリフォルニア・ウォーター・サービス)

2つ目にはCalifornia Water Service Group (カリフォルニア・ウォーター・サービス)という会社です。

こちらのヤフーファイナンスの企業情報によると、

カリフォルニア・ウォーター・サービス・グループは、米国の持株会社。子会社を通じ、一般家庭、産業、公共、農業、防火用水の浄水、購入、貯水、消毒、水質検査、配水、給水を行う。また、地方自治体や民間企業に水道システムの運営・管理、請求書発送、検針サービスなどの未規制サービスを提供する。

ヤフーファイナンス

こちらもいろいろなところに水を提供している会社なんですね。
チャートはこんな感じ。

こちらは途中、大きく下げていますね。
それでも前回の高値に向かって伸び続けています。
現在、ちょうど押し目を作っているところかな?と思うようなチャートなので、かいたくなりますね!!笑

現在株価:$53.19
直近配当利回り:1.49%

これだけじゃ、判断できないとは思うのですが、右肩上がりだけを見るとついつい良いんあじゃないかな〜とか思っちゃいますね笑

【SJW】SJW Corp.(SJW)

3社目はSJWという会社です。
こちらもヤフーファイナンスの企業情報を見てみましょう。

SJWは米国の公益事業持株会社。子会社を通し、カリフォルニア州サンノゼ地域、同州西部コマル郡と南のブランコ郡に水道サービスを提供。また、テキサス州の水供給開発プロジェクトにも従事。その他、カリフォルニア州とテネシー州で未開発の土地を所有し、カリフォルニア州、テキサス州、アリゾナ州、テネシー州で商業ビルを所有。

ヤフーファイナンス

こちらは州が限られているんですね。そして、土地も所有していて商業ビルも所有していると。
チャートはこんな感じ。

こちらもちょっと深い押し目を作りながら、上昇トレンドを描いてますね。
現在は直近高値付近にあり、ここで買うのは高値つかみをしそうなので、買うなら押し目が作られるのを待つ感じですね。

現在株価:$68.19
直近配当利回り:1.91%

こちらはこの3つの中で一番直近の配当利回りが良いですね。
これだけじゃ判断できないけど、土地持っていて商業ビルも持っているということは水だけじゃないということですよね。

注意点

色々と調べているうちにわかったのですが、こういう公共事業的な会社は国営化されるリスクもあるらしく、国営化されたら話は変わってしまうよとの事らしいです。
なので、その点は注意すべきだとか。

ちなみにそういう国営化はいつそうなるかは予期できないことなので、それはもうどうにもならないですよね。

まとめ

どうでしたか?
これを見ると買いたくなる~
でも、リスクもあるしなとも思います。
いずれにしても、今はまだ個別株まで手を出すつもりはないので、淡々とETFに積み上げていこうと思います。

ここ最近、台風が来てよく洪水になっている日本では考えることができませんが、水は世界的にみて枯渇している、貴重なものになりつつあるということは度外視できないということですね。

こうやって個別株を見るのも楽しいですね。
英語の勉強にもなるし丁度良いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました